働きやすい環境づくり|オフィスチェアは仕事効率に関わります

ミーティング
このエントリーをはてなブックマークに追加

3つのポイント

スーツの男女

オフィスレイアウトを良くすると、作業効率がぐっと向上します。使いやすい配置で移動時間も短縮し、ストレスの少ない仕事が可能になります。オフィスレイアウトを考えるには、ゾーニング計画と動線計画、レイアウトの3つが大切です。まず、ゾーニング計画というのは、最初に大まかな間取りを考えることです。空間がより機能的になるようにどう配置するのかが大切です。まずは、どの機能スペースが必要なのかをリストアップし、それぞれを利用する人によってさらに分類します。お客さんが使う場所、社員だけが使う場所、その両方が共有する場所に分け、それぞれをしっかりと区分して配置します。人の流れや使いやすさ、セキュリティを考えて配置することが大切です。重要な情報を扱うスペースには、社外の人が簡単に入れないよう注意してオフィスレイアウトを考えましょう。次に、動線計画というのは人やものの動きがスムーズにできるよう考えることで、働きやすさや使いやすさに大きく関わります。使いやすくストレスの少ない環境を作るには、動線をなるべくシンプルにすることが大切です。動線が複雑になると、そのオフィスに慣れていない人が迷ってしまい、来客との大切な打ち合わせや会議に支障をきたすこともあります。分かる人が使えればいいという配置ではなく、誰でも使いやすいオフィスレイアウトを目指しましょう。最後にレイアウトですが、大まかに決めた配置の中を、より細かく決めていく作業を行ないます。